デザイナーが選べるロゴマークの制作

今の時代ではロゴマークの制作はデザイナーの重要な仕事となったと考えられます。最近では企業はもとより個人ですら自分を示すようなマークを持っていたりするぐらいですから、その価値は大きなものがあると考えられるようになったわけです。特に今はネットで情報発信をするようになっていますから、企業も個人も端的に自分を示すことが出来るロゴマークというのは極めて重要性が増しているということになるわけです

ロゴマーク制作は簡単ではありません。

このロゴマークは簡単に制作できそうに見えますが実は極めて難しいという事があります。どうでもいいマークであれば誰でも出来ますが、その会社のイメージを端的に表現しつつ、尚且つ人に記憶してもらう事が出来て、良いイメージを持ってもらうという事が必要になります。そのため、デザイナーというプロの仕事がここに必要になるというわけです。デザイナーの仕事を簡単に例えるならば似顔絵のプロというように言えるのかもしれません。プロの似顔絵は素人では到底真似が出来ないレベルで仕上がってしまうというのはほとんどの人が知っている事でしょう。

似顔絵を作るときには、単に当人に似ているというだけでは駄目で、似ていながらも愛嬌をふりまくことが出来るようなものとならなければなりません。似ているという意味では写真以上のモノは無いわけで、写真では似顔絵のような愛嬌を出していくという事はできないわけです。写真のように正確に描写するというのではなく、特徴だけを捉えて必要最小限に描くという事で、その人を表現してしまうというのが、このプロの凄い所ということになるわけ。デザイナーというのもそういう仕事をしているわけで、をロゴマーク考える時には企業のイメージを簡潔に伝えることが出来るようにしながらも、記憶にとどまるように、分かり易く情報を操るという事をしているわけで、この仕事は近年ではますます重要になっていて、このマークによって企業イメージが大きく変わってしまう事もあります。

ロゴマーク 制作 についてはこちら