起業するならロゴマークを作ろう

会社から独立して起業するのなら会社をたった一つのマークで表す事が可能なロゴマークを作らなければなりません。

ただし、ロゴマークと言えばクールさを感じる事柄であるからこそ、意識的に地に足の着いた考えを反映させていかなければならず、つい陥ってしまう問題としてあるのが、社名を決する前にロゴマークに着手してしまう事です。

近年では一見社名と関わりが無いようなロゴマークも増えているため、自分自身で手がけようとすると一切取り留めのない仕上がりになってしまいます。

実はロゴマークの多くはプロのデザイナーに依頼して納品されたものなので、無関係に見えるものの実際は社名に倣っています。

もちろん、プロのデザイナーに依頼する際も材料となる重要な情報が削がれてしまう事になるため、一筋縄ではいかなくなりますしお互いが満足できないロゴマークが納品されるリスクが高まります。

 

企業のロゴはプロのデザイナーに

ロゴデザインはプロに依頼することも視野に

また、プロのデザイナーに依頼する他に同僚や自分にデザインセンスがあるのなら自信で完成させても構わないですが、今現在の一過性のトレンドを頼りにしてはならないと覚えておきましょう。

現代はデザイン業界においてフラットデザインが主流になっていて、あらゆるロゴマークやスマートフォンのインターフェイスに採用されていますが、近い将来見劣りしてしまうようになるのは目に見えています。

特に、起業となれば先進性が感じられる様相にしたくなるものですが、後から時代に合っていないという理由でその都度変更していくと、理念や信念が無い企業だと判断されて、最も大切な信頼性が失墜する確率が高くなってしまいます。

当然良いのは起業当初から使い始めたロゴマークを永年用いるという様子であるため、他からアイディアを手にしたい場合はクラシックで伝統がある物事に焦点を合わせてヒントを得てください。

そして、わかりやすくするのは絶対条件ですが、単純明快さを高めるのに良いテクニックは、最初はモノクロで作りその後少しずつ各所に色を当てはめていく手法です。

ロゴ 依頼

ブランディング・ロゴ作成

パッケージデザイン 外注

ラベル制作 / パッケージ制作

デザイン 依頼

デザイン事務所 広告作成依頼

ロゴデザインを持つことで得られるメリット

メリットだらけの『ロゴマーク』を持っていると企業の宣伝・アピールに有利になります。基本的に株式会社が企業戦争の中で生き残るには、自社を上手く主張したり、サブリミナルを活用して行かなければなりません。いかに、幅広い年代層の人達や沢山の人から認知されるか、力量が問われるのは無視できません。その企業戦争の中で『ロゴマーク』は必要不可欠と言って良い程に大きな役目を果たします。

パッケージデザイナーの仕事とは

パッケージデザイナーとは、商品のパッケージをデザインする職業のことを言います。 パッケージデザイナーが、パッケージデザインを行う商品には、ジュースなどの飲料や、洗剤などの日用品、化粧品、お菓子などの食品などがあり、容器の形態なども様々です。商品の中には、袋状のものなど、完成形が立体的な形になるものもあります。袋状の商品や箱などの、平面上のデザインを行う際には、グラフィックデザインと類似した作業が必要となりますが、立体的な、容器のデザインを行う場合は、インダストリアルデザインのような作業をすることになります。

ロゴデザイナーの仕事とは

その名の通り会社やイベントのロゴを製作するのがロゴデザイナーの仕事なのですが、活躍している大勢のデザイナーの中ではロゴデザインにのみ着手する方は少ないため、グラフィックデザイナーとして活動しつつ、ロゴデザインも製作するのが一般的です。 若い方を中心として多く見られるのはデザイン会社に在籍する事ですが、比較的年齢が高くなると広告制作会社や広告代理店といった企業に属していたり、技術と知識を元にして既に独立しフリーランスで働いている方も居ます。

店舗のロゴデザインを作る時のコツ

お店の看板というのはとても重要なものです。人々に興味を持ってもらうきっかけにもなりますし、そのお店の雰囲気を看板から知ることもできます。だからこそお店をかまえる人々はお店の看板のデザインを重要視するのですが、そこに書かれるロゴデザインというのもとても重要な部分になります。ではどういったデザインにするのが良いのか、ロゴデザインを作る時のコツを紹介します。